第18−2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 9月3日(日)

禁漁まであと一ヶ月。 調査可能な日には出来る限り渓に向かい残り少ないシーズンを楽しもうと・・。 今回の調査は第18次鳴瀬川水系渓魚生息調査 7月26日(水)の続き、 水量多くて超えられなかった段差のその向こうへ挑戦しようと行ってきました。 IMG_20170726_132403.jpg

そう、この美しい渓のその先にある毎釣行必ず釣り人を痺れさせてくれるポイントへ。

 

FHD0002.JPG

さあ、入渓。

 

 

FHD0004.JPG FHD0006.JPG

ここら辺でいつもの様にイワナ達が元気良く出迎えてくれるはずだけど。

あれ?いらっしゃいませんねぇ?

なんとなく水の色もちょっと濁っている感じで、底には少し泥が溜り気味かな? FHD0007.JPG FHD0010.JPG FHD0022.JPG

どんどん進むもイワナたちの反応無し。 どうしたことか?

 

FHD0024.JPG

ようやくこのポイントでイワナが現る。小イワナ。 カメラに姿を収めるまでも無い大きさ。

だけどありがとう。来てくれて。

おじさんホッとしたよ。

FHD0027.JPG

あっというまに目的の連続段差地帯に到着。

さて、この間の続きを開始するか! この渓一番のイワナを拝みに行きますか。

 

FHD0030.JPG

 

なんなん?これ?

落ち込みが土砂で埋まっている。

そしてその先に見えるのは・・・!

 

あれ?

 

 

FHD0034.JPG

FHD0036.JPG

 

FHD0038.JPG

 

終了。

もうだめだね。

こんな事になってるとは・・・。

前回無理してでもこの渓を調査完遂すべきだった。

無念。

この渓に並行して走る国道が少し陥没してて渓の方へ少し崩れていたのは

2〜3年前から知っていた。だけどそう大した事無い感じで。

で、今になってこの規模の工事。こんなにも繊細な渓で・・。

仕方ないね。仕方ないのかなぁ?

この渓一番のイワナの溜まり場だと思っていたのに。

数年だめだろうね。なんか直感的に感じる。

 

さぁ、あきらめて先を調査してみよう。

FHD0041.JPG

FHD0042.JPG

 

 

FHD0050.JPG

工事現場から先はいつもの渓。

だけど、もうメンタル修復不可能で調査をする気にならない。

FHD0052.JPG

小さな沢を発見。

ちょっと探検。

FHD0054.JPG

FHD0055.JPG

すぐに終了。50mくらい。

FHD0057.JPG

こんな感じで渓は続くけど今日は終わりにしよう。

気分がすぐれない。

FHD0059.JPG

退渓地点にて。

蛇に出会う。

「がっかりすんなよ。これからだっていろいろあるぜ、きっと。」

って言ってましたよ。

うん。がんばるよ。

FHD0060.JPG

帰りに国道から渓をのぞく。

この渓のイワナ達にどんな影響がどのくらいの期間続くのだろうか?

気になる。

 

comments(0)trackbacks(0)渓流 |

第1-2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月27(日) 

8月27(日)保野川調査釣行を実施した。

今年の解禁直後初調査釣行を実施した渓と同じところ。

保野川の全体から見れば下流域になる。 FHD0003.JPG

小栗山の大堰堤まで多くの小堰堤が待ち受ける。

渓としては風情が無いけれども川底が美しい滑床を形成している区間が多数ある。

FHD0012.JPG

 

毎年、7月から8月お盆前にかけて渓魚の活性があがる時期は、水深の無い滑床の上を

バシャバシャと体半分流れから出た状態でスプーンを追ってくる良型ヤマメに出会えたりする。

 

今シーズンも何度か入渓する機会を伺っていたのだけど

災害復旧のための護岸工事が多く入っており、車から渓の様子をチェックするだけで

なかなか入渓する気にはならなかった。

 

自分が知っている限りでは

‐栗山橋の近辺。 

南山果樹園看板のある辺りから少し下流の区間

小栗山の大堰堤の少し下流辺り。 

い燭のす橋上下流。

の3箇所にて工事をしているのを確認している。

 

 銑は工事が終了した様子だがい砲弔い討呂燭世い淦篁晋邊濆事中。

川の中に直接重機が入って作業をしていた。

 

今回の入渓地点は南山果樹園入り口看板付近から小栗山大堰堤までの区間とした。

FHD0005.JPG

さあ!調査開始。

午前6時20分。

日曜日なので早めに現場へ到着し準備した。

気温なんと14度。少し肌寒かった。

渓魚の活性に影響あるだろうか?

FHD0007.JPG

最初の堰堤の上下は反応なし。

水色はかなりクリア。水温かなり冷たい。

FHD0009.JPG

滑床は見え始めてきた。

この滑床のえぐれている隙間にルアーを通していく。

FHD0015.JPG

堰堤を越えるときは魚道を利用する。

階段状で楽チン。

だがしかし、この流木には注意。

流木を越えようとした時、またいだ足の先がすこし深くなっていてバランスを崩し

藪の中に転げてしまった。

夕方になってから右手首が腫れてしまってがっくし。

FHD0017.JPG

今回入渓した保野川の下流部は基本的になだらかな平瀬。

渓流釣り初心者を連れてきて釣りや川の歩き方を教えたり、

二人で釣りに来て、僕右側、youは左側、この堰堤はyou,次の堰堤は僕。

なんて感じで渓を歩くこともできよう。

堰堤区間ごとにさまざまな渓相が見られるので結構楽しめる。

FHD0024.JPG

数段堰堤を越えたところでようやく渓魚の感触が。

すっげー小さいちびヤマメ。今年生まれたばかりだろう。

すぐさまリリース。

さぁ、あっちへお行き。おじさんはここら辺でもう少し遊ぶから。

FHD0029.JPG

FHD0033.JPG

最初の一匹から後、ちびヤマメたちが次々と姿を見せる。

滑床のスリット、落ち込み、荒瀬、トロ場、山からの水の流れ込み周辺

いたるところチビヤマメ。

大きいのはいないのかなぁ。

 

FHD0038.JPG

FHD0039.JPG

ちょっと大きめの堰堤の上にて。

ようやく、この渓レギュラーサイズのヤマメさん。

綺麗でした。

FHD0046.JPG

このヤマメを最後に渓魚からの反応途絶える。

あんなに沢山いたチビヤマメたちの姿もみえない。

最後のヤマメを釣った場所から3つほど堰堤を越えると

真新しい完工されてから間もない護岸が現れた。

ここだったのか工事現場は。

周辺の渓相にもかなり手が加えられていて川幅は広く浅く2倍くらいに変わっている。

FHD0047.JPG

新しい護岸の上はいい感じの深いトロ場だったけど、大量の土砂によって浅くなってしまっている。

去年までは必ず大きいサイズの渓魚たちの付き場になっていたいいポイントだったけど・・。

今回、魚影認められず。残念だ。

いつもならここを最後に退渓するのだけど、ついでだから大堰堤まで渓を歩いてみる。

FHD0055.JPGFHD0059.JPG

護岸の際に堀みたくなってるところ。

ここにもヤマメが付いていたりして楽しませてもらった経験があるけど

今はチビヤマメ一匹すら見かけない。

大堰堤まで続く滑床のスリットにすらなにもいない。

どうしたのだろう。

FHD0064.JPGFHD0069.JPG

大堰堤到着。

水しぶきが心地よい。

FHD0065.JPG

大堰堤上に続く魚道をチェック。すごい流れだ。

以前、市場の渓流仲間とこの魚道について堰堤上まで登ることができるだろうか

議論したことがある。

水が少なくなってきたら可能だろうか?

今度機会があったらチャレンジしてみようか。

FHD0074.JPG

帰路に着く。

今回の調査釣行で思ったこと。まぁ勝手な推測だけど。

この河川、災害復旧工事はいたる所で行われていたけど渓魚に対する影響は

工事の行われていた近辺の400m〜500m下流くらいまでなのかなと思った。

工事現場近辺は渓魚の存在を確認できなかったけど、下流方向土砂の影響をもろに受けない所は

小さいサイズのヤマメたち、おそらく当歳魚だと思うがかなりの数見受けられた。

渓が底石などが落ち着いて岸際に薮なんかが茂ってきたらまた楽しい釣り場になると思う。

気になったのは、大堰堤下流の大きなトロ場だったところ。

なぜにあんなに土砂で埋まってしまったのだろう。

次回からの調査釣行候補地に小栗山大堰堤上流を加えることにする。

 

 

 

 

 

 

 

comments(0)trackbacks(0)渓流 |

第12−3次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月23日(水)

 

皆様お久しぶりです。

暗黒メンタル釜底游鮪です。

 

8月に入ってから悶々とした日々。

 

毎日小雨交じりのドンヨリ雲りのお天気。

なかなか渓に行くタイミングも無く 毎日家と会社の往復。

 

お盆休みの3日間は中1日だけ品出しがある程度で 忙しく無かったけれど

渓は人でイッパイだろうなと 暗黒面モロ出しメンタルで家でゴロゴロ。

 

とにかくお天気の不機嫌さにはマイッタです。

 

で、ようやく23日(水)お天気も何とかなりそうなので 調査釣行を計画。

 

7月中はイワナ調査が多かったなぁと思いつつ

久々にヤマメが見たいという気持ちが強くなって

 

第16−2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月23日(水) を計画。

 

朝6時半に仙台を出て 国道4号線、457号線、347号線とのんびりワクワク妄走。

途中、給油してコンビニ寄って・・なんてしながら

国道から入渓地点へ降りるわき道に車を進めると、なんと!

 

先行者。

 

ぐぇ〜っ。平日調査釣行だからのんびり行こうだなんて・・。

そりゃぁ天気が回復すれば皆気合が入るよねぇ。

 

戸締り用心火の用心、頭の中は不用心。覗いてみれば脳みそ畑はお花畑。

 

とにかく先行者の方頑張って!と心の中でエールを送り 次なる調査地を求め放浪する。

 

で、行きついた先が

 

第12−1,2次鳴瀬川水系渓魚生息調査で訪れた渓。

誰もいない様だ。

さっさと入渓。

 

水量もある。良い感じ。

 

だけど渓魚たちはなかなか姿を見せない。

瀬をやってちょっと流れの緩やかになったところに進んで

岸際の砂のたまったところに目をやると

 

真新しい人の足跡足跡足跡・・・・。おそらく今朝早くでしょうって感じ。

 

完全にぶち込まれてました。

 

まぁ、しゃーないですな!そういう日なんです。

 

でもね、ヤマメに会うという調査目標は達成しましたよ。

 

IMG_20170823_091715.jpg

太い流れから外れたちょっと水通しの悪そうなところ。

こんな所はぶたれて無いかなと思ってミノーを通すと

IMG_20170823_094325.jpg

 

キレイキレイな八寸程の良型ヤマメ。ありがとうヤマメちん。

そして驚いたのはその長さよりも太さ。

良い感じのでぶっちょ。

リリース時に触れたときびっくりする位の太さを感じた。

 

もう今日はこれだけでいいや。

こんな日は多くを望んではいけない。

一匹の太っちょヤマメとの出会いに感謝せねば。

と、短い調査行程で退渓を決意。

 

退渓までの短い区間でイワナ中サイズ1尾、小サイズ1尾を追加した。

 

ちなみに今回の調査釣行報告は画像が極端に少ない。

 

なぜなら

 

今回調査釣行からデビューさせた4k録画対応した新しいカメラが完全に不調。

録画を始めると危険を感じる位に異常に加熱して録画が勝手にストップする。

2分程度の時間の記録で実際の録画時間はたったの3秒程度。

これにはマイッタ。

 

上の2枚の画像はモシモシのカメラで撮った画像。

 

いろいろとグタグタ調査釣行だったが今回は一匹の太っちょヤマメに救われた。

 

禁漁まで一ヶ月と少しだけど残り少ない期間

心・技・体・装

準備万端にして渓を楽しみたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comments(0)trackbacks(0)渓流 |

 30ページ中 1ページ目を表示 >>

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

市場のスケジュール

別ウインドウで開きます

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

カテゴリ

リンク

モバイル版

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM