1号・2号・3号

と、連続で仕入れが成功するのは稀な事。

しかも、青森県大間と竜飛産の天然本鮪。

DSC_0010-1.JPG

先週の26日の事だけど。


こんな仕入が出来ると朝から気分がよろしくなりますが、

これも仕事を私達に任せて頂いているお客様があってのこと。

ホント感謝です。


comments(0)trackbacks(0)|- |

まほうのお皿

・・・とかっていう某ホームセンターで見かけた商品。

DSC_0058-1.JPG

なんでも電子レンジで簡単に、しかも上手にお魚が焼けるとか。

いろんなところでこの手の商品を見かけるたびに前から気になっていて、

「ホントに焼けるのかよ?」

なんて思ってはいたのだけど。。。

ついに購入に踏み切った。なんでもためしてみないと!

で、今晩は、このお皿を使って鮭のハラミをよくあるようなホイル包み焼き風にしてみようと。

DSC_0037.JPG

鮭のハラミに塩と胡椒でしっかり下味つけて

DSC_0041.JPG

野菜とキノコ、バターを準備して

DSC_0043.JPG

まほうのお皿を予熱。500Wで3分30秒。

DSC_0050-1.JPG

適当に盛り付けて

DSC_0051.JPG

ふたが閉まってない!

だが気にしない。

いざ加熱。600Wで3分30秒。

DSC_0055-1.JPG

ホントにできた。

DSC_0054.JPG

おいしくいただきました。

まあ、思ったよりもうまくできたと思う。

魚にもその他食材にもしっかりと火が通ってました。

しかし、お皿にもう少し深さがあればいろいろと捗りそうなものだが・・。

きっとそのうち「お皿が深くなってお料理捗る」みたいなこといって

新しい商品が発売される事は間違いないでしょう。



comments(0)trackbacks(0)|- |

そろそろ・・

ブログ再開しようかなと思いました。

震災後、ながらくウダウダと過ごしてまいりましたが

これではイカンと思いまして。

市場への入荷状況や会社内であったことなど

少しずつ書き留めて行こうかなと思います。




今日は、宮城県産カキが初入荷しました。

震災の影響で生産量はまだまだ回復してないということでしたが

浜の人たちはがんばってます。

ついこの間まで残暑厳しいとか言ってた様な気がするのですが

あっという間に季節は変わっていくようで・・。

時が経つのは早いなと改めて思う。







| -|-|- |

東北地方太平洋沖地震の影響に関するご連絡

このたびの東北地方太平洋沖地震に被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、多くの方々が尊い命を失われたことに対しましては、重ねて深くお悔やみ申し上げます。
今後、一人でも多くの方の命が救われるよう、また一日も早く被災地の方々の生活が回復に向かわれるよう、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

弊社におきましては、社員全員の無事を確認いたしました。
営業に関してですが、近日中(仙台市中央卸売市場の機能復興後)に再開する予定でございます。
なにとぞ御理解のほど宜しくお願い致します。

comments(0)trackbacks(0)|- |

初セリ

 あけましておめでとうございます。
本年も仙台市中央卸売市場仲卸「蠕臑翅臾隋廚覆蕕咾Webショップサイト「塩竃大門」を
お引き立ての上、より一層のご支援、ご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

本日は平成23年の仕事始め、初セリでした。



初荷・太物セリ場より

怒涛のごとく過ぎ去った年末商戦、そして憔悴しきった体力気力を短い正月休みで再充電すればスグに新たな一年が始まる。

さあ、今年一年も頑張って仕事していこう。

comments(0)trackbacks(0)|- |

12月3日(金)の早朝試食

 久々に試食コーナーへお邪魔を。

IMG_20101203_054235.jpg

仙台水産遠海せり場にて

やはり12月に入ってからの試食コーナーということで
年末、年始に関連した商品の紹介が中心。ナメタ、まぐろ、すじこ、かずのこナドナド。
あったかごはんにすじこがたまらなく旨かった。

IMG_20101203_054300.jpg

同じ並びの別コーナーでは、日本水産さんによるカレー鍋の試食
冷えた体にこのカレー鍋、とにかく体があったまる。

IMG_20101203_054603.jpg

仙都魚類 近海特種せり場では地産地消のイベント

塩釜市の水野水産さんの協賛でちくわ、揚げカマ、きんぴら揚げなどを使った
おでんを試食に。

両卸とも12月に入り、試食提案もなかなか気合が入ってるな・・・。思ったりする。

自分たち仲卸もこれから年末に向けてがふんばりどき。
気持ちを引き締めていかねば・・。

comments(0)trackbacks(0)|- |

師走

 とうとう12月になっちゃいました。

だけど昨日今日の場内は静かな朝売りだった気がしちゃったりして。。。

そんな状況だけど売り場を見渡せば、やっぱり年末年始を思い浮かばせる商品が並んでたりする。

IMG_20101202_075450.jpg

お歳暮に定番の鮭、おせちに欠かせないかずのこ

IMG_20101202_075543.jpg

ちょっと歯ごたえを確認してやろうと、ひとかけ口にしてみたが
いきなりしょっぺぇー。歯ごたえどころではない。

まぁ、当然。塩抜き前だった・・・。

次回は、味付数の子を狙うとする。

また、酢だこも欠かせない。

IMG_20101202_080045.jpg

今朝見かけたのは、真空包装にて梱包された商品。
味見不可。
残念。

自分としては、昔ながらの樽に漬け込まれた、ちょっと固めだけど
蛸の芯まで味の染み込んだ酢だこが好き。
樽の中の漬け汁にダシ用昆布が1枚仕込まれていて、それを抜き取り喰う。
酢の酸味と昆布の味、食感が癖になる。
そんなおまけ的アイテムがまた嬉しかったりする。
塩干担当者曰く、今年はその商品、品薄だそうです。

そうそう!
暮れのご挨拶の準備がまだ出来ていないという方は、
塩釜大門をご利用して頂ければ嬉しく思います。
まだ12月は始まったばかり!
皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

webショップサイト「塩釜大門」http://www.shiogama-daimon.com/



comments(0)trackbacks(0)|- |

ナメタ

 ナメタガレイが入荷してきました。

2010-11-11 05.42.33.jpg

普段も小さいやつの入荷があったりするけれど
このサイズ、荷姿で入荷が始まると、どうしても年末を意識してしまう。

もう11月も中盤。

あぁ、あとひと月もすれば、あの気ぜわしい年末がやってくる・・・。

comments(0)trackbacks(0)|- |

海鮮ラー漬

ラー油関連商品は世に数多存在すれど、
本日ご紹介の商品は、宮城県内の水産会社「株式会社 宮戸水産」が手がけた至極一品。


その名は



海鮮ラー漬 宮城県産ほや入り
海鮮ラー漬 宮城県産
赤皿入り
海鮮ラー漬 
宮城県産かき入り
海鮮ラー漬 宮城県産
ホタテ入り
の四品。
大門内での取り扱い部門は近海で。
担当松野。
「いきなりうめぇーからっ!やぁべぇ〜っす!これは売らねばっ」とかって・・・。
いささか興奮気味だったが、よほどこの商品に惚れ込んだのか
かなり販売に意欲を見せている。

ためしに食してみると、う〜ん・・・確かに旨い 

御得意先のスーパー仕入れ担当者に早速売り込みをかけてました。
「試食は何と付け合せたらいいべか?」と悩む彼。

悩む事は無いと思う。
なぜなら商品の側面には、



とかって貼ってあるじゃないか・・・。
心配無用。
陰ながら応援します。
じゃんじゃん売りまくってください。

大門松野が惚れ込んだ
ただ旨いだけ
ラー油漬けです。

そのままお客に薄利をかけて!
売場で話題のおつまみに!
売上Upの起爆剤として!
売り方色々あなた次第。















comments(0)trackbacks(0)|- |

クリーン作戦2

 10月某日、今年度第2回クリーン作戦が敢行される。

集合場所はいつもの場所、いつもの時間、清掃区域もいつもの担当地区。
メンバーは・・・



ざっと見る限りいつもと変わらないメンバー。この時間帯に手透き人間は大体決まってる。
ただ、今回は市場を管轄する役所の気合の入り方が違うのか
「ごみのポイ捨て・・」云々などの「のぼり」が新調されている。以前は無かった様な気がする。

このクリーン作戦、何度も経験を積んでいくと、円滑にそして楽しく作業を進めるコツを少しずつ
習得する事が出来る。
そのほんの一例をご紹介。

2010-10-08 13.29.49.jpg

火鋏み、炭鋏み、豆炭抓み・・諸説色々あるがここでは「ゴミ鋏み」が適当であろう。

円滑な作業の遂行を実行するには必ず右の青いゴミ鋏みを獲得しなければならない。
作業開始時刻間際になってからでは青色ゴミ鋏は獲得できない。数量限定なのだ。
当然の事だが、少しでも長いほうが、作業時の腰に対する負担がグッと少ない。
それ以外にも「清掃作業をしている」と実感できる適度な重量を得ることが出来る。
銀のゴミ鋏みは、ゴミを掴み上げる時に腰を屈めなければならないし植え込みの中のゴミに対してはほぼ無力だ。ゴミに届かない。それでは清掃活動に対して満足感が得られず不満が残る。
また、音色も違う。
カスタネットのように先端を素早く開閉させカチカチと鳴らしたとき、銀のほうの音色は安っぽく軽すぎる。青い方は、南部鉄器の風鈴のように重厚な音色がするのだ。実に落ち着く。

また担当する清掃区域の「ルート」選択にもコツがある。

2010-10-08 13.43.05.jpg
2010-10-08 13.39.08.jpg

「ルート」の選定については次回、来年度のクリーン作戦実行後にご説明しよう。
これにもいろいろと要領があるのだ。

今回の清掃は前回から数ヶ月しか経過しておらず我々グループの担当区域では
目立ったゴミが無く回収量もかなり少なかった。
拾うゴミが少ない事は喜ばしい事だ。
だがしかし、後に役所からの「クリーン作戦実績の報告」なる書類には
今回、市場とその周辺道路からは1t以上のゴミが回収されたとの報告があった。
それだけのゴミが存在する事は非常に残念に思うが、クリーン作戦の結果としては
満足いく回収量であると思う。

我々の清掃活動が市場とその周辺の「環境美化」につながると思うと
その作業は決して「苦」ではなく清々しく感じるのである。
次回も頑張ろう。







Check

comments(0)trackbacks(0)|- |

 7ページ中 1ページ目を表示 >>

<< September 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

市場のスケジュール

別ウインドウで開きます

最近の記事

過去の記事

リンク

モバイル版

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM