2017鳴瀬川水系渓魚生息調査 禊と抜け殻

9月29日(金)仕事帰りに鳴瀬川に向かう。

いつものタックルを装着しいつもと変わらない表情をみせる鳴瀬川本流へ入る。

 

もう渓魚への出会いは期待してないけど、とにかく川を歩く。

なんと言っていいのか、まぁ言うなれば

 

半年間、釜底游鮪の心の支えとなってくれた鳴瀬川にしばしのお別れを言いに来た(涙

 

という感じ。

 

2017092903.jpg

「今期の漁に感謝の思いを伝えに来た方はこちらでまず禊を・・」

と、蜻蛉が深い所へ先導してくれます。

 

2017092904.JPG

ウェーダーの胸のいっぱいいっぱいの所まで川に浸かり無事「禊」を済ませる。

心身の穢れは清められた。

そして先導役の蜻蛉はどこかへ行った。

 

退渓し今年の調査釣行が無事に終了した事への感謝の念を薬莱山を望む橋の上で叫ぶ!(心の中で)

 

あじゃじゃぁ〜したっ!

 

うぇぅうっ!

 

 

もう日本の言葉じゃねぇ〜よ。シーズンが終わるって辛過ぎる。

 

・・・で、現在。

なんか毎日ボーっとしてます。

淡々と日々の業務をこなし、塒に帰って寝る。

すっかり抜け殻。一ヶ月はこんな感じ。

40歳を過ぎて渓流での遊びを始めて4年、こんなにも渓に心を奪われるとは思わなかった。

 

あぁ、早く3月にならないかな。

 

今シーズンの総括をまとめようと思ってるけどなかなか進まない。

本業が忙しくなる前までに、まぁ、ゆっくりと進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comments(0)trackbacks(0)渓流 |

<< 第20次鳴瀬川水系渓魚生息調査 9月27日(水)ホーム

コメント









Trackback
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

市場のスケジュール

別ウインドウで開きます

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

カテゴリ

リンク

モバイル版

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM