第12−3次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月23日(水)

 

皆様お久しぶりです。

暗黒メンタル釜底游鮪です。

 

8月に入ってから悶々とした日々。

 

毎日小雨交じりのドンヨリ雲りのお天気。

なかなか渓に行くタイミングも無く 毎日家と会社の往復。

 

お盆休みの3日間は中1日だけ品出しがある程度で 忙しく無かったけれど

渓は人でイッパイだろうなと 暗黒面モロ出しメンタルで家でゴロゴロ。

 

とにかくお天気の不機嫌さにはマイッタです。

 

で、ようやく23日(水)お天気も何とかなりそうなので 調査釣行を計画。

 

7月中はイワナ調査が多かったなぁと思いつつ

久々にヤマメが見たいという気持ちが強くなって

 

第16−2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月23日(水) を計画。

 

朝6時半に仙台を出て 国道4号線、457号線、347号線とのんびりワクワク妄走。

途中、給油してコンビニ寄って・・なんてしながら

国道から入渓地点へ降りるわき道に車を進めると、なんと!

 

先行者。

 

ぐぇ〜っ。平日調査釣行だからのんびり行こうだなんて・・。

そりゃぁ天気が回復すれば皆気合が入るよねぇ。

 

戸締り用心火の用心、頭の中は不用心。覗いてみれば脳みそ畑はお花畑。

 

とにかく先行者の方頑張って!と心の中でエールを送り 次なる調査地を求め放浪する。

 

で、行きついた先が

 

第12−1,2次鳴瀬川水系渓魚生息調査で訪れた渓。

誰もいない様だ。

さっさと入渓。

 

水量もある。良い感じ。

 

だけど渓魚たちはなかなか姿を見せない。

瀬をやってちょっと流れの緩やかになったところに進んで

岸際の砂のたまったところに目をやると

 

真新しい人の足跡足跡足跡・・・・。おそらく今朝早くでしょうって感じ。

 

完全にぶち込まれてました。

 

まぁ、しゃーないですな!そういう日なんです。

 

でもね、ヤマメに会うという調査目標は達成しましたよ。

 

IMG_20170823_091715.jpg

太い流れから外れたちょっと水通しの悪そうなところ。

こんな所はぶたれて無いかなと思ってミノーを通すと

IMG_20170823_094325.jpg

 

キレイキレイな八寸程の良型ヤマメ。ありがとうヤマメちん。

そして驚いたのはその長さよりも太さ。

良い感じのでぶっちょ。

リリース時に触れたときびっくりする位の太さを感じた。

 

もう今日はこれだけでいいや。

こんな日は多くを望んではいけない。

一匹の太っちょヤマメとの出会いに感謝せねば。

と、短い調査行程で退渓を決意。

 

退渓までの短い区間でイワナ中サイズ1尾、小サイズ1尾を追加した。

 

ちなみに今回の調査釣行報告は画像が極端に少ない。

 

なぜなら

 

今回調査釣行からデビューさせた4k録画対応した新しいカメラが完全に不調。

録画を始めると危険を感じる位に異常に加熱して録画が勝手にストップする。

2分程度の時間の記録で実際の録画時間はたったの3秒程度。

これにはマイッタ。

 

上の2枚の画像はモシモシのカメラで撮った画像。

 

いろいろとグタグタ調査釣行だったが今回は一匹の太っちょヤマメに救われた。

 

禁漁まで一ヶ月と少しだけど残り少ない期間

心・技・体・装

準備万端にして渓を楽しみたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comments(0)trackbacks(0)渓流 |

<< 第18次鳴瀬川水系渓魚生息調査 7月26日(水)ホーム第1-2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月27(日)  >>

コメント









Trackback
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

市場のスケジュール

別ウインドウで開きます

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

カテゴリ

リンク

モバイル版

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM