第18−2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 9月3日(日)

禁漁まであと一ヶ月。 調査可能な日には出来る限り渓に向かい残り少ないシーズンを楽しもうと・・。 今回の調査は第18次鳴瀬川水系渓魚生息調査 7月26日(水)の続き、 水量多くて超えられなかった段差のその向こうへ挑戦しようと行ってきました。 IMG_20170726_132403.jpg

そう、この美しい渓のその先にある毎釣行必ず釣り人を痺れさせてくれるポイントへ。

 

FHD0002.JPG

さあ、入渓。

 

 

FHD0004.JPG FHD0006.JPG

ここら辺でいつもの様にイワナ達が元気良く出迎えてくれるはずだけど。

あれ?いらっしゃいませんねぇ?

なんとなく水の色もちょっと濁っている感じで、底には少し泥が溜り気味かな? FHD0007.JPG FHD0010.JPG FHD0022.JPG

どんどん進むもイワナたちの反応無し。 どうしたことか?

 

FHD0024.JPG

ようやくこのポイントでイワナが現る。小イワナ。 カメラに姿を収めるまでも無い大きさ。

だけどありがとう。来てくれて。

おじさんホッとしたよ。

FHD0027.JPG

あっというまに目的の連続段差地帯に到着。

さて、この間の続きを開始するか! この渓一番のイワナを拝みに行きますか。

 

FHD0030.JPG

 

なんなん?これ?

落ち込みが土砂で埋まっている。

そしてその先に見えるのは・・・!

 

あれ?

 

 

FHD0034.JPG

FHD0036.JPG

 

FHD0038.JPG

 

終了。

もうだめだね。

こんな事になってるとは・・・。

前回無理してでもこの渓を調査完遂すべきだった。

無念。

この渓に並行して走る国道が少し陥没してて渓の方へ少し崩れていたのは

2〜3年前から知っていた。だけどそう大した事無い感じで。

で、今になってこの規模の工事。こんなにも繊細な渓で・・。

仕方ないね。仕方ないのかなぁ?

この渓一番のイワナの溜まり場だと思っていたのに。

数年だめだろうね。なんか直感的に感じる。

 

さぁ、あきらめて先を調査してみよう。

FHD0041.JPG

FHD0042.JPG

 

 

FHD0050.JPG

工事現場から先はいつもの渓。

だけど、もうメンタル修復不可能で調査をする気にならない。

FHD0052.JPG

小さな沢を発見。

ちょっと探検。

FHD0054.JPG

FHD0055.JPG

すぐに終了。50mくらい。

FHD0057.JPG

こんな感じで渓は続くけど今日は終わりにしよう。

気分がすぐれない。

FHD0059.JPG

退渓地点にて。

蛇に出会う。

「がっかりすんなよ。これからだっていろいろあるぜ、きっと。」

って言ってましたよ。

うん。がんばるよ。

FHD0060.JPG

帰りに国道から渓をのぞく。

この渓のイワナ達にどんな影響がどのくらいの期間続くのだろうか?

気になる。

 

comments(0)trackbacks(0)渓流 |

<< 第1-2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 8月27(日) ホーム第16ー2次鳴瀬川水系渓魚生息調査 9月13日(水) >>

コメント









Trackback
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

市場のスケジュール

別ウインドウで開きます

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

カテゴリ

リンク

モバイル版

qrcode 無料ブログ作成サービス JUGEM